学校独自の活動

校内かるた大会 黄団総合優勝

12日、校内かるた大会を行いました。
低学年は犬棒かるた、中・高学年は万葉かるたです。
各学年色団対抗です。どの学年も白熱した試合でした。
学年では、1年、2年、6年は青団が1位、3年は白団、
4年は黄団、5年は赤団でした。
総合優勝は黄団、2位は青団でした。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総合成績

集計結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サケの稚魚 元気です

14日(月)サケの卵がほとんど孵り、元気に稚魚が泳いでいます。

体長は1センチくらいです。おなかに赤い袋を抱えています。


 

 

 

 

 

 

 

サケの卵が孵(かえ)る 9日朝 ←クリックしてください

サケの受精卵が届きました ←クリックしてください

サケの卵が孵(かえ)る 9日朝

昨日(8日)学校の水槽に入れたサケの受精卵が、9日朝、1個孵り
さけの稚魚が産まれていました。おなかに袋を抱え泳いでいました。
しばらくの間、暗幕をかけて安静な状態にしています。

 

 

5年 サケの受精卵が届きました

12月8日(火)庄川沿岸漁業協同組合の庄川養殖場よりサケの受精卵をいただきました。これから5年生が水槽で人工ふ化させ、来年の3月初旬に、千保川に稚魚を放流します。それまで、大切に育てます。


陸前高田市の皆さんと交流してきました

21日、東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市を訪問してきました。午前中、広田地区の仮設住宅の皆さんと交流しました。
歴史都市高岡のことや学校での防災の取組を紹介しました。
住民の皆さんから震災当時のお話を聞いたり、広田小の児童たちと遊んだりしました。
高岡から持って行った「氷見うどん」を一緒に食べました。
午後からは、震災当時のままの震災遺構を見て廻りました。

この交流の様子は、24日午後6時15分から、BBTテレビのニュース「BBTチャンネル8」で放映されます。ぜひ、ご覧ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 (2) 11 12 13 14 16 (2) 16 17 18

 

 

陸前高田市に到着しました

東北交流視察団が、陸前高田市に無事に着きました。
広田地区の戸羽さんが宿舎まできてくださいました。
震災当時のことを子供たちにお話していただきました。

明日(21日)は、いよいよ広田地区の仮設住宅集会所に訪問します。

 

1 2 3 4 5 6

岩手県陸前高田市へ

20日朝、東北交流視察団が高岡駅から陸前高田市に向けて

出発しました。22日までの3日間、震災から5年経った被災地を訪問し、

交流をしてきます。

 


「3.11 私たちは忘れない」交流プロジェクト~東北被災地視察~

20日から3日間、5,6年の代表6名が東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市を視察します。
訪問先の陸前高田市広田地区仮設住宅での交流会でのプレゼンの練習をしている様子を、北日本新聞社さんに取材していただきました。視察には、北日本新聞社の記者さんが同行され取材していただくことになりました。

公民館長の髙井さんが、仮設住宅のみなさんに食べてもらおうと、「氷見うどん」を

もってきてくださいました。


 

 

 

 

 

 

 

 

第3回 全校防災会議

 

17日(火)昼休み、3階児童会室で「第3回防災会議」を行いました。各学級から2名の防災リーダーが出席しました。
「お」…落ち着いて「か」…考えて「し」…しんけんに の大切さについて考えました。
最後に、6年生の防災グループが、救助用に屋上に大きな番号が書いてあること、避難者用の備蓄庫があり、食料や生活用品が置いてあることを発表しました。

 

PB171018 PB171019 PB171020 PB171029 PB171033

 

陸前高田市へメッセージを (富山テレビが取材に)

20日から22日まで、5,6年児童代表と教員が、東日本大震災の被災地である陸前高田市の子供たちとの交流のために訪問します。

今日の3限、全校児童が、メッセージカードやビデオ作りをしました。その取組を富山テレビが取材に来られました。

6年生は歌のメッセージ、3年生はカレンダーメッセージ、2年生は貼り絵メッセージです。
21日の現地での交流の様子も取材していただきます。

 

20

40 70 80 90 101 200 301 400