いのちの教育講演会 竹内美矢子先生

6年生へのお話では、「立山の自然から学ぶ生命のバトンリレー」というテーマで、ナチュラリストである竹内先生は、8月に登山する予定の立山一帯で、厳しい自然に耐えながらも、たくましく生きている動植物について、写真を見せながら、お話していただきました。

 

若手教員研修会では、「いのちの教育の指導の在り方」というテーマで、本校の若手教員のために、立山の「這松」と「チングルマ」を題材に取り上げて、授業形式での講義をしてくださいました。一人一人の児童が先生や友達から認められているという気持ちがもてる学級づくりが大切だと話されました。