児童理解に基づく学力向上研修会 終了         1月29日(木)

1月29日(木)午後2時より
児童理解に基づく学力向上研修会を行いました。
公開授業は2年生の国語と5年生の算数です。
授業者は2年が大野きよみ、5年は屋鋪善祐、神田京子でした。

 

2年の国語は「かさこじぞう」で、寒くて冷たい地蔵様に
かさや手ぬぐいをかぶせるじいさまの気持ちを考えました。
ペアでの話し合いや動作化が効果的でした。

 

5年の算数は、同じ値段の商品を割引している3つの店の中で、
どの店が安くしているか考える問題をしました。
自分の考えを黒板や実物投影機を使って説明したり、
ペアで考えを伝え合ったりしました。
講演は、愛知教育大学の青山和裕先生です。
「児童を中心とした表現力育成の指導法」という演題で、
授業は、子供が自由に意見を言って、教師が認めていくのが基本である。
「正解です」「おしい」は言わない。正解は、子供に導きださせる。など
授業が変わるポイントを具体的な例をあげて、ご指導いただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA